健康的に美しく10歳若返るエステ
アンチエイジング・痩身・脱毛専門店 ✴中央区六本松サロンドルーチェ

結果にこだわり1人1人に合わせたアフターフォロー&サポートを最後までしっかりとご提供いたします

Salon de LUCE(サロンドルーチェ)|福岡市六本松

HOMEブログ ≫ 「男」を作るホルモン☆テストステロンの役割 ≫

ブログ

「男」を作るホルモン☆テストステロンの役割

「薬指と人差し指はどっちが長い?短い?」
むかし、周りでよく話していましたね…(笑)
男性性をあらわす指標となるものだったのですが
なぜ?そのように言われているのか…?




私たち人間に生きていくために必要な
様々な細胞や臓器の働きを調節するホルモン

身体には多くのホルモンが存在しますが
その中に、性ホルモン(男性ホルモン 女性ホルモン)というものがあります

この性ホルモンのうちの…テストステロン(男性ホルモン)

女性にもテストステロンは分泌されますが
女性の場合は、キャリアウーマン並みの仕事量を抱え
ストレスや睡眠不足・生活リズムが乱れる等々…において
ホルモンバランスが崩れると、男性ホルモン優位になりやすく
そのため、一例として生理不順や大人ニキビ等々を身体からのサインとして
発症してしまいます



性ホルモン(男性ホルモン 女性ホルモン)
これらは主に精巣(睾丸)卵巣 副腎皮質で作られ
女性も男性ホルモンを、男性も女性ホルモンを体内で産生しますが
その比率は男女で異なります


男性ホルモンには、テストステロンの他に
アンドロステンジオン DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)があり
総称してアンドロゲンと呼ばれていますが
このうち最も分泌量が多いのがテストステロン


男性の場合、95%が精巣で5%が副腎から産生され
筋肉、脳、皮膚、肝臓、腎臓、生殖器、骨髄、骨などの臓器で作用します

テストステロンが最初に分泌されるのは母親の胎内
誰もが「女性型身体」を持ち、どちらの性へも分化できる能力を持って生を得ますが
(最初に受精した時の性別は女の子です)



男性 → XY(性染色体)
女性 → XX(性染色体)を持っている
性別は、性染色体によって決まります
卵子の性染色体は全てXXに対し
精子はXを持つものとYを持つものがあり
どちらが受精するかによって性別が決まる


2ヵ月頃までに、性別の決定に関わる性染色体の「XY」を持った胎児は
Y染色体上にある遺伝子の働きで作られた精巣から
テストステロンが大量に分泌され「男性化」します


具体的には、陰茎や陰嚢の発育、脳の性差形成、顔形や骨格の成長を促し
このとき、テストステロンが多いほどより男らしく
テストステロンレベルが高いとされてるそうです

男児は2~3歳でテストステロンの分泌量が急激に高まり
さらに思春期には増大し
精巣が発達し、性衝動を促し、ひげが濃くなって体毛も生え
ガッチリとした筋肉質な骨格になるなどより男性的に成長していきます

 

テストステロンは、心身共にさまざまな影響を与え
造血作用を持ち、血管やコレステロールにも関係し
内臓脂肪を減らす作用もあります
テストステロンの血中濃度が低い男性は、メタボリックシンドローム症候群
(内臓脂肪症候群)のリスクが3倍ほど高いとの報告もあるようです

 

また、40歳~79歳の男性約1万人を対象に行った研究では
テストステロン値が上昇すると
心血管疾患、癌など全ての原因の死亡リスクが低下するとの結果が出たそうで

テストステロンは、チャレンジ精神や競争心などの行動活性も与え
テストステロン値が高い人は冒険心があり、判断力に優れ
公平性を重視し、仲間を大切にする…
こういう特徴から、人に慕われるリーダーの資質があるとの見方もあるそうですが
実際、企業経営者や政治家はテストステロン値が高いとの報告もあるようです

人さし指と薬指に表れる「男性力」

人さし指を伸ばして、人さし指と薬指の長さを比べた時に
人さし指が薬指より短ければ短いほど
胎内で、多量のテストステロンを分泌していると推測されており

更年期後に女性が元気になる理由として
薬指に比べ、人さし指が短い女性の場合
行動力が高く、社会的に活躍している女性も多く
男性と同様にテストステロン値が高いとの報告があります


女性にとっても大切な ”元気の素” となるテストステロンなどの男性ホルモン

女性も胎内にいる時から
母親の卵巣や副腎、また自らの副腎から男性ホルモンを分泌し
骨格や筋肉の発達に影響していると考えられています

成人女性の血中テストステロン値は男性の約5~10%
女性は50歳前後で閉経し
卵巣から女性ホルモンの1つであるエストロゲンが産生されなくなりますが
男性ホルモンは成人期とほぼ変わらず産生されます

そのため、更年期以降の女性は女性ホルモンと男性ホルモンの逆転現象が起こり
男性ホルモンは女性の活性力になるようです

また、女性が更年期以降に気が強くなる、と言われているのは
( なるのかな??(^_^;) )
男性ホルモンが優位になるためと考えられていて
更年期に女性ホルモンだけでなく
男性ホルモンを補充する女性も多くなってきているようです

 

一方、男性は50歳を過ぎると男性ホルモンが減少し
女性ホルモンの割合が増えてきます
男性が年齢を重ねることで角が取れたり
還暦後、夫婦の力関係が変わってきたりするのには
このような医学的背景があるそうです

大事なのは 睡眠・食事・運動

ではテストステロンの分泌を増やすにはどうすればよいのか?


◎良質の睡眠

テストステロンと「自律神経」には深い関係があり
自律神経には緊張や興奮などをつかさどる「交感神経」と
休息やリラックスなどをつかさどる「副交感神経」があるため
このうち副交感神経が優位になることで
テストステロンの分泌量が増えます

 

◎食事

タマネギやニンニクなどに含まれる硫化アリル・システインという成分が
特にテストステロンの産生を増進するそうで
調理の際には細胞を壊さないよう
皮をむかずそのまま電子レンジで加熱しスライスして食べると良いそうです
牡蠣(かき)もテストステロンを増やす亜鉛を多く含む食品であり
肉、卵、乳製品などのたんぱく質を意識して摂取する
バランスのとれた食事ですね

◎運動

脳や筋肉に働きかけ
テストステロンの産生を促進させる効果があります



TVでも、ドクターの方が病気の予防において勧めていることと同じですね…

美容と健康において共通するのは、食事・睡眠・運動の3本柱です

わたしも年々、ホルモンバランスをとても気にしています
女性は、40歳を区切りにホルモンバランスが少しずつ不安定になりますので
気になる方は生活リズムや生活スタイルを見直してみましょう


自分の美容と健康のためにもですが
愛する旦那様の健康を守るためにも……ですね♡ 
( いないけど(^_^;) )


 

 
ロゴ
   ♡永遠の美と健康に♡      プライベートエステサロン   

Salon de LUCE

サロンドルーチェ

〒810-0044
福岡県福岡市中央区六本松1-10-46

ご予約・お問い合わせ
092-732-1010

営業時間 11:00~23:00
(最終受付 21:00)

時間外も要相談でおこなっています お気軽にご相談ください

サロン概要はこちら

モバイルサイト

Salon de LUCEスマホサイトQRコード

Salon de LUCEモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!